フルーティスト宮川悦子 オフィシャルブログ

埼玉県草加市在住。音符に囲まれて生活するフルート奏者 宮川悦子のライフログ

*

星影のワルツもオシャレに

      2015/06/30

今日は久しぶりにキバッキートリオでランチ演奏でした

フルート 私。宮川悦子

クラリネットandギター キバッキー(木場亮)

ピアノ 山本典子  

これは前回に撮った写真♬
キバッキートリオはかなりテキトウ!

モチロン良い意味で!

演奏する曲もJAZZからクラシックからど演歌まで幅広いのです。
今日は草加にあるオシャレなレストラン

ステッラポラーレさんにてランチ演奏でした

王道クラシックなカノンも吹きつつ
イパネマの娘や白い恋人たちやダニーボーイなどはアドリブを入れて
キバッキーの森のテーマに。と3人で作曲した曲も入れ!!
川の流れのようにや ウィスキーがお好きでしょ

なーんてど演歌の曲もオシャレなアレンジで!
私たち3人共、いつもお世話になっている大切なみなさんが8人も来てくださり、その方たちに関係のある曲をと言うことで

星影のワルツ や 見上げてごらん夜の星を や 虹の彼方に なども演奏させていただきました。

星影のワルツって!!千昌夫さんの曲よ!

普通に吹くと、ど演歌になってしまうので

そうならないようにそれぞれの楽器で工夫してその場の空気に合わせてアレンジしつつ吹きました。

キバッキートリオはテキトウの意味はそこにあり、、、
その場に適した 的当たりな テキトウ「適当」な演奏って事で!!

譜面はCodeとメロディーだけの譜面をそれぞれが持っていて、適宜。

なので今日はほぼどこを吹くか打ち合わせもせず臨んだので、えーこの曲キバッキーはクラリネットじゃなくギターヤルのかい。とか。 ココはピアノソロで取るのね!!とか 

声なき会話でやり取りしていきます

スリルというと、ちょっとおかしいですがコレこそ音楽の醍醐味でみんながそれぞれのコトをよく聴いて考えながら吹くので、がんじがらめに決めて演奏するより、良いノリになって楽しいのです!!

そんなコトが許されるキバッキートリオは楽しい!そんな風に思えるメンバーに超感謝です!!

色々アドリブの勉強やコードの勉強や、各種スケールの勉強やらなきゃ

まだまだやりたいコトがいっぱい。もっと引き出しを増やしたいと思っています。
ここのレストランでの演奏は普段のように沢山鳴らしてはいけないのです!!あくまでBGMなので!!!極力小さく小さくでもメロディー出さなきーって感じで吹くのがまた面白い!

キバッキートリオでの次回ランチ演奏は7月25日草加にあるレストランステッラポラーレさんで12:10から3ステージです

ミュージックチャージなし

ご飲食代のみでオッケーです

その他呼んでくだされば!色々なところで演奏致しますよぉん🎵
  賄い御飯も美味しかった♬

 - 草加, 音楽 , , , , ,