フルーティスト宮川悦子 オフィシャルブログ

埼玉県草加市在住。音符に囲まれて生活するフルート奏者 宮川悦子のライフログ

*

品格がある人が好きです。

   

最近時代劇がなくって残念なのです。。。
BSやCSでは見られますが。。子供の頃から時代劇が大好きで。。。 カッコいいお殿様や素敵なお姫様も大好きですが
なんというか、醸し出される上品さ。

ピシッとした佇まいや言葉遣い。お殿様のお食事姿ってとても綺麗。
それに対して町人やら貧乏人の言葉遣いの悪い事 (笑)時代劇ですから わざと差を出しているのでしょうが

子供心にお殿様との違いを感じていたと思います。

しかもお殿様に対して、失礼な態度をとったら即切腹やら打首やら!!!死を持ってお詫びするというもう取り返しのつかない現実。
それでも 江戸時代に生まれたかったと強く思う小学生でした(あふぉ。。)

(なんとうちの子も時代劇がすごく好きで、古いものにやたら詳しい。。)

上品なコップ⁈⬇︎

ふと振り返り 現代の日本。

最近の答弁や演説を見ていて国の上の方ですら言葉遣いが下品だったり、所作に品がなくてオドロキ。。

非常にがっかり。

例えばお付き合いしている彼氏を両親に紹介しますって時に、短パンとか履いてこられたら 私だったら
ぶっ飛ばしてサヨウナラ。。

一緒にお能やコンサートに行こうって時にそぐわない服装で来られても、もう近寄らないでって 思うかも。。

お食事の時のお茶碗の持ち方や、お箸の使い方。全ての行動に品格って伴う気がします。

いや それで 私はどうよ って話で、千段くらいの高い棚に上げて物申しておりますが、

そういう品格っていうのは形だけではなく、相手に対する敬意 、気遣い、それらの結晶と思うのです。
そして、残念な事に全てが顔つきに現れる。

やっぱりお殿様はお殿様のお顔をしている!
うーーん 私も気をつけねば。。。

レッスンでも 中学生高校生位までには色々言うのです。  お正座でご挨拶するときは両手をちゃんとつく事。とか  

靴を脱いでスリッパを履くときは、スマートに!とか(この所作がおかしな人が多いのです! 一回床に足を着いてからスリッパ履いたらスリッパ汚れちゃうじゃない!!)

本を借りて返すときは両手で。とか。。。
コンサートに行く時にジャージやニット帽とかビーサンとか本気でやめてよとか。

外国ではそんなうるさい事言わないし。と聞く事もありますが、 日本人としてのアイデンティティ!と思うのです。  

品格が人格を表す。。美しくありたいです。(と自分に言い聞かせたい今日この頃。いえ 本気でマナー講座に行きたいな と思っています。)

品格のないいけ方。。。。ちーーん

 - 芸術, 音楽 , , , ,