フルーティスト宮川悦子 オフィシャルブログ

埼玉県草加市在住。音符に囲まれて生活するフルート奏者 宮川悦子のライフログ

*

なかなか上手く吹けないフレーズの克服法

      2016/07/31

いやーー
そんなのあったら知りたいわ!!!

と 言ってしまえばハイそれでサヨナラ。

練習していて もうどうにも出来ないフレーズってたまに出てきます。

その時どうしたら出来るようになるか???
先日のnununoneコンサートの曲で
もーーーーやだーーーーって なるフレーズと久々出会いました

普段 生徒さんに  難しくて吹けないフレーズはこうしてさらうといいのよって 言っているくせに

自分が出来ないとはなんたる悔しさ。と 荒くれだっていましたが、、、。

普段、、、生徒さんに何と言っているかというと。。

まず 難しくて吹けない理由は大きく分けて二つあると思うのです。

まずは、本当に指が難しい 4の指を沢山つかう。とかクロスフィンガーだったりとか。

でもほとんどが、頭に入りにくい音列なので吹けない!! という理由だと思います。

フルートの指使いってそこまで煩雑じゃないもの。。。

頭に入っていない場合は
。。。。。。。。。

ってこの状態に至るまでに当然リズムを変えたりアーティキュレーションを変えたりする練習はしているものと考えて

それでも吹けない部分の事ですが。。
。。。。。。。。。
1  音の配置を目で見るためにピアノで弾いてみる。

そうすると、、なあんだーー。ただの増4度かい とか例えばですが、形でわかる事も。

2  やっぱり、それでも吹けない場合は、ソルフェージュできていないってことだから、 その部分をドレミで吹きたいテンポで歌ってみる。
コレが意外にできない。。(ミの♭もミって歌います)

すらすらと、練習が終わっても口からそのフレーズが出てくるくらいになると  吹けていたりします。。

3 できないところを コピーして譜面を切り抜いて持ち歩き電車などでチラチラみる。

は?って感じですか?

コレは、意外にききます笑

大学の時に尊敬していたトランペットの友人がやっていて、すっごいなーと思って、マネしたら。。

結構頭に入ってくれるのです!!
最近はスマホで写真を撮って、画像を見る感じですが、、、、!

その3つを繰り返しやっているとできないフレーズがだんだんだんだん出来てくる、、、、はずです!

成功を祈ります 笑 笑

たまに出来て喜んでいる「宝くじ演奏」になりませんように。。。

うふうふ。 私も頑張ります!!

 - 音楽 , , ,