フルーティスト宮川悦子 オフィシャルブログ

埼玉県草加市在住。音符に囲まれて生活するフルート奏者 宮川悦子のライフログ

*

恐怖を植え付ける威圧的指導は無意味と思う。

      2016/06/05

最近 中学生生徒ちゃん増殖中の うちのお教室です。
みんなカワイイのです。 顧問の先生や先輩の言うことをちゃんと聞いているっぽい姿勢!!(あくまでも、、、っぽい。ね)

ある意味中学生っぽくて、青春っぽくって、こういう時期も必要よね〜なんて 自分の経験と照らし合わせながら 微笑ましく思うのですが

たまに顧問の先生の言い方や 態度に疑問を感じます。

オマエら全員アホだから 明日の大会で楽器を忘れないように楽器は学校において行け と 言われてレッスンなのに自分の楽器なのに持ってこれませんでした。
とかね。
そこのフレーズできるまで合奏にのるな。と言われ外に出されたけれど、うちのパートは先輩もいないから誰にも聞けないんです。そもそもリズムもわからず、こんなんじゃ一生合奏に乗れないと思うんですが私やめたほうがいいんでしょうかね〜

って一生懸命 YouTubeを聴いて耳コピーしていた子

とか。 
部活の先生ーーーーおーーーい。 って 私が電話しちゃいたくなる勢い!! 

中学生相手だから理不尽な事言えても、それ一般の社会で言ったら、速攻でサヨナラされそうな。。。
生徒だってみんな人格があるのに

オマエラ全員アホだからは無いでしょうに。 
ウチのカワイイ子達になんて事を言ってくれる!と

モンペならずモンスターフルートの先生になりそうな勢いです(なりませんよ。。。)

でも実際 恐怖で合奏に乗ると吹けない って子が沢山います。 私も中学生の頃一時期そうでした。悔しくてさらいまくりましたが、
それは小さい頃からピアノを習っていて譜面が読めたし難しいところのさらい方も分かっていたし!!なにより先輩がちゃんと教えてくださったんですもの!
(1年の時の3年生は3人いましたがそのうち2人が音大に行かれた方で、その頃から音楽の知識をしっかり持った方に教われて私は恵まれていたのです)

どうやったらその難しい所を吹けるようになるか

そもそも どういう風に吹くのか?

何がどの様にいけないのか?

もちろん、専門じゃない先生が指導しなくてはいけない学校もあるでしょうし 外部の先生を呼べない学校もあるでしょうし
事情はわかりますが、まずオマエラ全員アホだからは、封印して欲しいなって思います。

(そもそも上手な先生は ちゃんと見本を見せてくださって、そんなこと言わないし。。。と

中学生っぽい愚痴を、、、)
誰も教えてくれないし どうしたらいいかわからない

中学生ちゃん達、レッスンいらっしゃい💜

 - 音楽 , ,