フルーティスト宮川悦子 オフィシャルブログ

埼玉県草加市在住。音符に囲まれて生活するフルート奏者 宮川悦子のライフログ

*

ー淡路人形浄瑠璃 草加公演 2016 を拝見&配信させていただきました

      2016/05/23

国指定重要無形民俗文化財 淡路人形浄瑠璃 草加公演
2016年5月21日 草加市文化会館にて行われました。

ワタシは草加元気放送局の一員として そして自分のコンサートのチラシを挟み込ませていただくために

朝から文化会館に行っておりました。おかげで淡路人形座の皆さんと親しくお喋りさせていただく時間が沢山あり 本当に感謝です!! みんないい方々ばっかりで、、、。

今回の公演は、なんと冒頭の演目と解説をワタシがレポーターを務めさせていただいている草加元気放送局というインターネットテレビで生配信するというスゴくレアなモノでした。

YouTubeでお舞台を丸々アップすることすら非常に勇気のいることで、色々な意味を含め中々実行できるものではありませんでしょ、、!

そこを今回は生配信しちゃうんですもの
日本の伝統芸能史上に置いてもなかなか画期的なことではないか?? と思います

実際 公演が始まりますと、 ワタシは配信コーナーで1番後ろから拝見させていただいておりました。
お客様が次々とお舞台に吸い込まれるように完全にトリコになっている感じがよくわかりなんとすごいお力!!と思いました。
1番最初の演目 戎舞

淡路に伝わる神事なんだそうですが 、お三味線の代わりに太鼓が入ってとっても楽しくもあり神々しくもあり、、、
ワタシは個人的に能狂言でも神様モノが大好きで、「観ているだけで神様パワーが届いてきて、とっても幸せになる感じ。」

を浴びるのが止められないのですが
この戎舞にでてくる「えべっさん」もやはり神様!すごい幸せオーラを放出されておりました!!

戎舞が終わった瞬間の客席の騒めきはお客様のテンションが上がってる証拠!!って思いました。
その後 吉田史興(しこう)さんが、人形についての解説をしてくださいました!!
コレがすっごい面白い!!!ものすごく盛り上がっていました。


ここまでの様子は生配信されて、YouTubeでもご覧いただけます!


そうして後半へと続きます。
後半は 牛若丸が主人公の2本

奥州秀衡有髮婿 鞍馬山の段 と

鬼一方眼三略の巻 五条橋の段
どちらも人形ならではの立ち回りが沢山で面白かったです。慣れてくると黒子さんの存在が本当に目に入らなくなって、人形が1人で動いているように見えてきます!

普段、能狂言を見る機会が多い私は、歌舞伎や浄瑠璃などの少し時代が新しいものがまた新鮮に映り、その伝統を守ろうとしている方々と直接お話ができて、大変面白い貴重な経験をさせていただきました。

最後にも色々な方にインタビューさせていただくことができました!レポーターだからと言うより個人的に質問したいことが沢山出てくる始末、、、!だって女性の太夫さんもいらっしゃるんですよ!!聞きたいことがいっぱい!!
とっても楽しい時間でした

グッツも沢山売っていましたよー

うちの子は私からも知らぬ間におばあちゃんからもバッチを買ってもらい8個も手にして大喜びしていました。

 - 芸術, 草加 , , ,