フルーティスト宮川悦子 オフィシャルブログ

埼玉県草加市在住。音符に囲まれて生活するフルート奏者 宮川悦子のライフログ

*

アーティキュレーションをちゃんと守らないと、、、。

      2016/04/21

今日はありがたい事にたまたま3人の生徒さんからBlogをお褒めいただき 嬉しいのです。

批判はよく言われますがお褒めいただくのは、滅多にないことでしして、これからも頑張ろうってヤル気が湧いてきます!

他人のことを批判は簡単ですが、褒めることって意外と出来ないもの????
美点凝視って大事。。と思う今日この頃です、、。
って乗っけから脱線。。。
生徒さんのレッスンで毎回言ってる気がする「アーティキュレーション」 
アーティキュレーションってなに???ってウチのお弟子さんには言わせないぞーって所ですが。。
譜面に書いてある スラーやスタッカート を守りましょうって事です!!

  

スラーは隣の音と繋げる。 (タンギングで切らない)

スタッカートは楽典上は「半分の音価に切る」ですがま。短くハネルって感じで。。

細かく書いてありますから、譜面通りに吹くのって結構ややこしいのです!! 

勝手に自分の好きなようになりたくなるんですが、

クラシック音楽の場合は勝手に譜面を変えちゃダメ!作曲家の意図を汲み取らねば。。。
ワタシは生徒さんに伝えるときに

【アーティキュレーションは 句読点と一緒よ。】

と言います。

それがシッカリしていないと

昔国語で教わったあの文

《ここではきものをぬいでください。》

になってしまいます。
ここで、履き物をぬぐのか?

ここでは、着物をぬぐのか?

《すもももももももものうち》と

コレも習いましたでしょ?
《今日はい、いおてん、きで、すね。》

と言われても

なんのこっちゃいな?!?!

句読点大事!!!

アーティキュレーションもそうなのですよん!!
作曲家はここはこう言うフレーズで解釈してねって

伝えてきているんですもの。

って私も、雑な譜読みしないようにシッカリさらわねば。。。

  

 - 芸術, 音楽 ,