フルーティスト宮川悦子 オフィシャルブログ

埼玉県草加市在住。音符に囲まれて生活するフルート奏者 宮川悦子のライフログ

*

習い事が本業になるまでには10,000時間かかる?!?!という事は何年でモノになるのか計算してみた!!

      2016/03/15

365×1.5×6=3285、、、、

365×5×4=7300、、、

3285+7300≦10,000、、、、

なんのこっちゃいな?!?!
実は数年前に、あるピアニストさんからお聞きした言葉がずっと頭に残っていて。。。
 

習い事が本業になるまでに掛かる練習時間は

およそ10,000時間掛かる。という話があるらしいよ


と。

ふむふむ。

ピアニストもヴァイオリニストもフルーティストも全て、、小さい頃から本当によくさらって(練習して)いますからね。   

ピアノやヴァイオリンは特に2、3歳からやる子もたくさん!! 

  フルートだって最近は幼稚園児でもレッスンにいらしゃいますからね。。

例えば

小学校一年生からピアノを習い始めたとして、、、小学校時代は毎日1時間キチンと熱心にさらっていたとしたら。。
小学校卒業までで
2190時間(365時間/1年×6年間)
中学生になって本格的に受験を考え出して高校も無事入り の6年間だとすると、、
1日2時間は必ずさらったとして
730時間/1年間×6年=4380時間

無事音大生になったとして

1日5ー6時間はなんだかんだと 弾いている気が、、

6時間で計算すると 4年で8760時間
音大2年くらいで軽く10,000時間に達成しますね〜

確かに実力のある子は二年生くらいでもバンバン音楽で仕事をしていたりしますね!

なるほどー

では ピアノは2歳からやっていたけれども、フルートは中学生になってから の 私は一体大丈夫でしょうか?と 計算してみたのが冒頭の計算です!!

  
中学生高校生時代

365×1.5×6=3285時間、、、、

(中高生の頃、、うーん毎日2時間もさらってないはず。1.5時間にしてみよう、、 と計算)
音大入って 毎日5時間として

365×5×4=7300時間

合わせると。。
3285+7300≦10,000、、、、
10,000時間超えました!!

うーーん  そうか。。と妙に納得。

では 例えば私が コレから 
ヴァイオリンでお仕事できるようになりたい と思ったとしたら???

今の状況で 1日2時間も毎日さらい続けるって結構大変。。フルートもあるし。。。と思いつつも毎日2時間さらったとして、

1年間730時間 10,000を割ると 

約13年!!!!

コレを長いととるか 短いと感じるか?私はえ?短い!!と思っちゃいましたが!!

(もっとみんな超絶さらっていますもん!!ある意味失礼な短さだ感じました!)
因みに あるお着物の着付けの先生は
1000回着たら 自分のモノになる。 と

仰っておられました。
私まだ100回も着てないだろうな。。。
  
(↑ツッコミどころ満載の着方。)

「モノゴトを モノにする」って事はそうそう簡単にできるコトではない。
どの分野においても、地道に地道に お稽古して頑張っている人って、カッコいいですし、また芯が通っているといつも感じます。
 

うん。

日々精進あるのみ。

頑張ります。応援よろしくお願い申し上げます。

 - 芸術, 音楽 , ,