フルーティスト宮川悦子 オフィシャルブログ

埼玉県草加市在住。音符に囲まれて生活するフルート奏者 宮川悦子のライフログ

*

音楽は「究極の消え物」 は 古い?!?!?!

      2015/06/04

  シェヘラザードのCD聴きながら書いています。

良い曲。素敵なジャケット

音大時代の指揮の先生がオケの時間に
音楽は究極の消え物です!一瞬の芸術です。

って仰っていたことがずっと忘れられず。
絵や彫刻は一度作ったら壊れない限り存在し続けますが、演奏は一瞬で消えてしまうんですもんね。。。
究極の消え物かーーーー

って

その言葉を感慨深く受け止めて、いまに至っても

究極の消え物 消え物、、、

CDやレコードは

ライブ録音じゃない限りは
何度もレコーディングし直せるからもしかして絵や彫刻と同じカテゴリーなのかしら、、、

一瞬で消えないし
では

ライブを動画にしてネットに流す。。。。

これはいかなこと。いかなこと。(狂言口調w)
撮り直しがきかないライブ録音やライブ動画。非常に過酷な状態だなぁと思うのです。(CDならあとで部分差し替えとかできるけど)

でも現代の社会についていくにはそういう努力も必要なのかしら。と思ったり。
孤高の変人ピアニストのグレングールドのようにコンサートは死んだって

完全にレコーディングだけにしてしまう気持ちも、ちょっとわかります!

どうせならその時の最高の作品を世に出したいですもんね。
ネットに動画を簡単にあげられる時代って良いけど、緊張感が増す時代ねーー

 - 芸術, 音楽 ,