フルーティスト宮川悦子 オフィシャルブログ

埼玉県草加市在住。音符に囲まれて生活するフルート奏者 宮川悦子のライフログ

*

クラシック音楽を聴くと眠くなるんだけど???

      2015/05/30

私は、音大でクラシック音楽を勉強してきたので

コンサートで演奏する曲もクラシックが多いです。

 

それだけに固執していては、感性の幅が広がらない!と感じて

色々なジャンルを勉強したいなと思っているところですが、それでも

やっぱりクラシックが基本にあります。

 

なので、コンサートの宣伝をすると

あ~クラシックね。 聴くと2秒で眠くなるからね~あはははは

って言われたり、、

 

あ~クラシックね。自分は演歌しかきかないから、わがんねぇ~ あはははは

って言われたり、、

 

あ~クラシックね。そんな高尚なの聴いてもわかんないからねぇ~ あはははは

って言われたり、、

 

それに対して、なんて言ったらいいんだか、、、って。ずっと思っていました。

 

だって、確かに私だって

眠くなる事もあるし、、!!

世界のクラシックを全部わかっているわけじゃないし、、、

でもそれをクラシックの演奏家が自分から言っちゃったらオワル。(言っちゃってるし、、)

 

いやー私も寝ますよ あははは

とか、師匠の演奏会のチケット売りながら 言えるわけない!

 

確かに、眠たくなる事もあります。

正直に告白。

 

(師匠のは寝ませんよ。1音も聴き逃したくないので・・)

 

でも、眠くなるってことは、心地よいからで、寝てもいいんじゃないかな~~って、、、。

だって、ド下手だったら、気持ち悪くて眠れやしない!

大いびきかいて、口あけて、ヨダレ垂らしてねんね。はちょっと周りの方にもご迷惑。そこまでならないように、こっそり。。。

 

わがんね~から、、難しいから、、、

って、それもそう思います。

 

だってバッハの曲、、研究している学者の大先生が世界中にどれだけいることか?

簡単にわかる音楽ならそんなに研究するネタがあるわけない。

↓バッハ!!

132248194965413212995_3142-111128-Bach

しかも300年も前の曲、、、、

でも逆に考えたら、もしも自分が作った曲が300年もの間、世界中の多くの人に賞賛され続けたらどうでしょう??嬉しくって、生まれ変わらずにずっとあの世からその様子を見ていたくなっちゃうかもしれない。。

それほど、すごい曲だってことはきっと確かな事なんですよね、、

 

それでもよ、、

せっかくお金を頂戴して、お時間を頂戴してきていただくコンサートですもの、

わざわざ寝るためにお金を頂戴しているわけではないですから、、

どうやって面白いな~また聴きに行きたいなって思っていただけるかを常に考えなくては、、、と思うのです。

どーせ、わかるわけないわ。 なんて1ミリでも思って演奏すると、全部曲に出てしまい、それはそれは魅力のないコンサートになってしまいそう。。

かといって、では全部みんなが知っている曲にしましょう。だとレストランでのBGM演奏と同じになってしまうし、、と、選曲一つも日々葛藤なのです。。

 

演奏家として、奥の深いクラシック音楽の魅力はちゃんと理論立てて勉強し続けないといけないわけですが、

コンサートでそれをかみ砕いてお客様にどれだけお伝えしたらよいのか?って事も課題です。お伝えしなくても元々知っているっているお客様も沢山いらっしゃるだろうし、全く知らないお客様も沢山いらっしゃるかもしれない、、知りたい人も、別に。って人もいるだろうし、、どうやっておしゃべりしたら良いんだろうっていつも考えます。。。

せっかく来てくださっているんですもの、、どうしたら楽しんでいただけるかしらって、演奏家からしても、コンサートをさせていただく事、自体がものすごい勉強になります。

 

ちなみに私は、、知らない人の

クラシックのコンサートに行くときはどうやって聴いているかというと、、

 

♪聴くというよりは、見てるかも、、、(演奏者のお顔の表情や体の動きなど、、)

♪飛んでくる気迫を感じて、おお~~すごいオーラ!と直接五感にぶつけているかも、、(味はないけど。。)

♪聴きながら浮かんでくる景色とか状況とかを勝手に想像してるかも、、(妄想??)

 

私、数年前に初めてお能を観に行ったのですが、正直に告白。。。一回目に見たときは、なにも勉強もせずに行ったので内容も全然わからず、、、

なんだこりゃ~の世界でした。起きても起きてもまだ終わらず、まださっきと同じ位置に同じ人がいる、、って状態で、大変大変失礼なお客でした、、

が、ところどころ、美しいな~と思う箇所があって、なにもわからないけれどすごい気迫を感じて、帰るころにはまた観たい。と思ったのでした、、 今ではすっかり大好きな芸能で、まださっきの人がここにいるわ、、と言うことは、、、、ですが。

なので、クラシック音楽のコンサートに行ったことがない人が初めて行くときの気持ちが、ちょっとわかったような気がしました。

 

あまり構えずに、演奏している人の様子を生で見る。映像に編集されたハイライトだけでは味わえない、演奏者から伝わる気迫を感じられると良いかも、、って思います。

 

ってことで、私も演奏する立場として、精一杯頑張りたいと思いますので、

たまにはクラシックのコンサートも来てね~ って思う、私なのでした♪

 

 

 

 

 - 音楽 ,