フルーティスト宮川悦子 オフィシャルブログ

埼玉県草加市在住。音符に囲まれて生活するフルート奏者 宮川悦子のライフログ

*

話題の春画展に女1人で行きました

      2015/10/23

最近話題の春画展!!

  

行ってきました。朝イチ!!!!
野村萬斎さんのお稽古場の近くだ〜と思いながら、春画展に。
朝イチにも関わらず すごいコミコミ。お一人様女子も、カップルも、熟年ご夫婦も、、オジサンオバサンも、、普通の美術館と全然変わらずです。
  
これは日本で展示するまでに相当苦労があったそうですね。 先に大英博物館で展示したとか。
この場所 永青文庫は前首相の細川護煕さんのお家のお屋敷。 

  
私は行くのは二回目です。1度目は能面のコレクションを観に行ったのでした。
  
今回の春画展も細川護煕前総理が取り仕切っておられるんですね〜
18禁の美術展
内容はいかに。。
うーーん。確かにエロい。エログロの世界。

ただし、ただのエロいではないですね!!キッパリ!!

江戸時代には、猥褻という概念が無かったんだそうです。 明治になってからの考え方だそうですね!!
実は、ずっとずっと疑問に思っていて子供に聞かれて明確に答えられない事があるのです!

なんでパンツを脱いで道端を歩いてはいけないのか?


はーーーーあんた馬鹿じゃないの

じゃあ是非脱いでみなよ。ってツッコミ感満載ですが
手や足は隠さないのに、、


アレだってみんなと同じなのに、なぜだろう?

ここに 今回の春画展がある気がしました

美術や世界史の教科書に載っているダビデ像を見て、ゲラゲラ笑っている小学校4年生男子のレベルでこの展示を見るかどうか??

  

30歳40歳の男子がダビデ像見てゲラゲラ笑っていたら、、、、ちょっとドン引き。

肉体美とか線の美しさを表しているのであり、

ハダカンボが楽しい像ではないんですよね。

そう思うと、

春画の男子と女子の絡みが芸術的な線として描かれているものもあれば
周りの背景やお着物の柄の一つ一つがものすごく繊細に描かれていたり
ちょっと隠して想像力をわきたたせるような官能感
逆に露骨に いや露骨以上にデフォルメされた描写がかえって滑稽に見えたり

性に対しての接し方が、大っぴらな感じ!誰かが普通に見ているところで??えええーーってシチュエーションもタノシイ!
現代の陰湿な性の扱い方と違い、
だって お殿様も庶民もみんな一緒よ!

って、感覚。
今以上に 「生」に関しての貪欲感が感じられました。(性じゃない)

昔は今以上にすぐ死んでしまう事が多いですよね。病気にしても怪我にしても、死と隣り合わせな感覚が現代とは全然違う気がします
その分、沢山生まないと!お家が断絶してしまう。「生」に関して貪欲だから「性」も身近なんだろうなと

思うわけでした。

江戸時代。子供は地域の宝っていうけど長屋にいる子供達 実際お父さんは誰なのかあんまり定かじゃないだからみんなの子供として受け入れられみんな宝なんだよ

って聞いた事が。。

うっそー。

今じゃありえないでしょ

でもその時代の絵なのかーーーと思いながら見ると、、
江戸の風俗民俗って深い。。。

イヤイヤ世間の期待通り、絵によっては物凄くエッチなのもありましたよ
露骨に描かれているものよりちょっと、ん?って思うものの方が
よくよく理解してみてヒャーーー。みたいな!
これは 18禁だわ と思うものも多々。。。

ただ、18歳以上なんだから、それなりに理解してみるんだよ、中2の見方ではいけませんって思うところもありました。オトナだからこそ理解できる卑猥さ。

芸術ってそうですよね〜〜
音楽にしても、曲の背景を聞いてみたらヒャーーーってものもあるし、和音が物凄く官能的なものもあるし

狂言の謡いなんかも、よくよく意味を解いていったら、うっそーーー!!卑猥すぎてヒャーーーってのも多々。。。

芸術は感情表現だし本能ですから。。。

春画の局部が思いっきりデフォルメされた絵を見ているともしやこれって 
お殿様に叱られないようにあんなに描いちゃってるのかな、、とか思ったり。

強調の仕方がアニメのようで面白かったり。そんな面もありましたが。。

一言エロい絵を見てきました

では ない展示でした

これぞ 生きている証拠 って気持ち!!

流石  北斎や歌麿、狩野派の方々の美術品ですから、本当に美しいものが多かったです。字と絵が混在していてカッコいい!!ものも。
そんなホンモノ春画の屏風がある家って物凄く粋ですよね〜〜 私もレッスン室に飾ろうかしらと思いましたが流石に勇気がないです。。
ショップにも沢山魅力的なものが売っていましたが

買ったとしても、どうしよう。。と思ってやめましたがちょっと後悔。ポストカードくらい買って、誰かにお礼状書いたらよかったかしら。。と

まだまだ12/23までやっています

お着物で行くと安い日もあるみたいですねー

詳細こちらです

  

 - 芸術 , , , ,