フルーティスト宮川悦子 オフィシャルブログ

埼玉県草加市在住。音符に囲まれて生活するフルート奏者 宮川悦子のライフログ

*

芸事の神様 アメノウズメの命

      2015/09/26

私、古事記が大好きなんです!!

古事記に出てくる神様
アメノウズメノミコトは
天岩戸(あまのいわど)に隠れたアマテラス大神(オオミカミ)を外に誘い出すために、

熱狂的な踊りを踊って見事にアマテラスを外に出して

太陽の光がこの世に戻ったって言う大事な神様。
芸事の神様なんです!!

熱狂的な踊りが日本の芸事のルーツになっているんですよね。。
俳優(俳優)って言葉も日本書紀に「巧みに俳優(わざおぎ)をなし」って書いてあるところから来ているんですね〜


アメノウズメはいったいどんなスゴイ踊りを熱狂的に踊ったかというと
天岩戸(あめのいわと)の前に集まった大勢の神々の前で

伏せた空桶の上に立って

激しく桶を踏み鳴らし

次第に熱狂的になり

やがて胸をはだけお乳を露わにし

さらには腰紐まで解き、ぜーーんぶ見せちゃって踊り狂った。

と!!

(原文要約)
それで多くの神様が喜んで泣き笑いをし

その騒ぎが気になったアマテラス大神が外をのぞくと、、、、

その瞬間をとらえ 力の神様 アメノタヂカラオの命が手を引いて外に出したんです!!
非常にエッチな踊りを熱狂的に踊ったんですもの誰だって見たくなっちゃいますよね
アメノウズメさま素敵!!
この踊り、お能の「翁」に出てくる狂言方が踊る舞。

三番叟(さんばそう)のルーツっていうわけですが
私はこの三番叟が大好きなんです!特に野村萬斎さんの三番叟がもう涙が出るほど大好きなんです!

神です!


三重県の椿大神社摂社(つばきおおかみやしろせつしゃ)の椿岸神社(つばききしじんじゃ)は芸能関係者や芸事を生業にしている人がよくお詣りする神社なんですって!!
行ってみたいです!!!
古事記のお話しも大好きなんですが

日本の神様の本も大好きなんです!!
これから秋の夜長は読書の季節

是非どうぞ🎵
  

 - 芸術 , , , ,