フルーティスト宮川悦子 オフィシャルブログ

埼玉県草加市在住。音符に囲まれて生活するフルート奏者 宮川悦子のライフログ

*

なぜ冬は音程が低くなるのか?

      2015/09/25

管楽器や弦楽器は演奏するまえにピッチ(音程)を合わせます。
オケやブラスでもアンサンブルでも本番で、ステージの上で音合わせしますでしょ〜
普通ラーーーって吹き 

吹奏楽だとシ♭ーーーーーで合わせます
なぜかというと管楽器の場合は、その都度色々なコンディションで音程が変わります。
自分の体調もあったり(お腹が空いていたり眠いと音程は下がります。息の圧力が落ちるから)

気温もあったり。。。

冬は寒いので下がります

夏は暑いので上がります

なんで????

って思いません??
えーーと えーーと。。。

数年前に理論的に教わったのに忘れたーーー
と思って昔のmixi時代の日記を発掘してきました

以下 引用🎶

我々管楽器は寒いと音程が下がりますが

なぜ?

って思っていました

生徒さんの中に

もと工大の教授だった方がおりまして…

この前教えていただきました!
(生徒さんに教わってる、、、。)

ワタシ)  管が短いピッコロと管が長いフルートを比べると
フルートの方が低い音がでます。

管が長いと低い音が出るんですよ。

だから音程が高かったらすこしフルートの頭部管を抜きましょうね

  
(上のは超抜いてる 下のは全部入れてる。わかりにくくてごめんなさいね)
生徒さん)  この前も同じだけ抜いていたのになぁ~
ワタシ)  あっそれは今日は寒いからかしらね?寒さでも変わるんですよ
生徒さん)  へぇ?そうなんですか!

寒いと管が縮まって

暑いと伸びるはずなのになんで?

ほら、線路とかそうでしょ?
ワタシ)  むむっ

確かに…
いや。実は恥ずかしながら私の長年の疑問だったんです。何でかしら?

生徒さん)  あっ!そうか。

気圧と密度と波長の関係だ!

🎶

ってことでさすが元工学部の教授!詳しく教えていただきました
ざっくり言うと。。。
気温が下がると密度が高くなる

密度が高くなると音速が早くなる

(水や鉄の方が音をよく伝えるでしょ?と)


音速が速くなると波長が長くなる

波長が長くなると音程が下がる
ってことでした。

なぜ 気温が低くなると密度が高くなるって??

それ。私も知りたい!!ちゃんと物理を勉強しておけばよかったです。
  
↑チューナー
これから冬になるにつれ音程が段々低くなっていく管楽器一族。。。

最初の一音はチューニングしますが演奏中に全ての音をチューナーで測りながら吹くわけにいかないですし

仮にそうしたとしても、和声の響きから逸脱してしまう音程ではいけませんので、

機械に頼らず耳で綺麗な音程を取れるように日頃からのトレーニングが大事ですよねん。
音程が悪いといくらテクニックがあっても、聴いていて吐き気してきますもん。。気をつけなくては。。。。

しのぶえは 管が繋がっていますから、抜いたり入れたり出来ませんので調整は口や息やりますよ!!

  

 - 音楽 , , , , ,